手に汗握る、ココマイスターと土屋鞄の特徴と違いをまとめました。

ココマイスター,土屋鞄

ココマイスターは希少皮革へのこだわりを持っていて、天然皮革を採用しています。

 

マットーネ皮革と内装のヌメ革は表面にほとんど加工を行わないことから、
牛が生きていたころについた傷などが残ったままになっている部分もあり、
違った印象を与え、使い込むほどに味が出て愛着がわきます。

 

一つ一つ熟練した日本の職人が作成し、
バッグや鞄そして財布などそれぞれ得意としている分野の職人が製作にあたるため、
ココマイスターでは100名以上の職人がいます。

 

縫製職人から革の厚みを製品ごとに合わせて変えてくれる職人、そして金属加工の職人もいます。

 

複数の職人が一つの製品を仕上げているため、とても贅沢なつくりとなっています。

 

土屋鞄では実用的なアイテムを多数製作しており、
革選びでは気になるもののサンプルを請求し送ってもらうことが可能で、ゆっくりと素材感やカラーを確かめることができます。

 

長年の実績がありランドセル製作技術を生かし、仕事鞄に使える大人向けのランドセル製作も行っています。

 

使う姿勢を考慮しながら細部まで手をかけて作るため、
実用性がとても高くなっています。そして、メイドインジャパンの品質を高めることを信条にしています。

 

いずれも実店舗やオンラインショップにて販売が行われていて、同じ革製品でも印象の違うアイテムに仕上がっているので、好みに合ったものをじっくりと選ぶことが大切です。革製品の手入れの仕方も知ることで、より長く使い続けることができます。

 

 

ココマイスターのおすすめ鞄ランキングはこちらです。