革製品講座

マットーネ好きが知っておきたい基礎知識講座

ココマイスター マットーネ

1000年以上のの歴史をもつバケッタ製法で作られた革です。

中でも特徴的なのが、卵白を原料に使用する『カゼイン加工』でツヤを出しています。

天然素材を用いたカゼイン処理
牛乳に含まれるたんぱく質の一つです。さまざまな用途に使われる機会がとても多い添加物。

革用塗料に古くから利用されており、革の組織を安定して定着させる働きがあります。

マットーネは卵白を丁寧に塗り込む作業を行うことでカーフが併せ持つ質感と光沢を引き出す製法で作られています。

革素材でも希少価値の高いカーフ

イタリア産の子牛を使用し、牛に残されたバラ傷やシワ、血筋の後など天然革の特徴が表れています。

特に牛革は、牛の年齢で革の性質が大きく異なります。

カーフ

生後6ヶ月以内の子牛の革。皮に傷が少ないのが特徴で赤ちゃん肌のようにきめ細かく滑らかな繊維質を持ち合わせます。

使い込むほどに味がでるバケッタ製法

マットーネは、カーフに植物性のオイルを時間をかけて浸み込ませます。この結果、オイルは抜けにくく使い込むほどにどくどくの光沢と色の深みを増します。

マットーネ経年変化

マットーネのおすすめはコチラ
ココマイスター,マットーネ

ABOUT ME
ボッテガ歴20年の筆者
ボッテガに初めての出会いから早20年。使い込むほど使用者の愛着とともに廃れることのない革の光沢がもたらしてくれる逸品。そんな革製品をこよなく好む筆者が、日本の職人技術により希少価値の高い革製品を作り出すココマイスターを購入前提のガチ徹底比較をしています!